• ダンボール箱を使った簡単な物置

    ダンボール箱は今では、輸送用ツールとして欠かすことができないものになりました。ネット通販が普及している昨今では特に、この箱が各家庭でたくさんあることでしょう。何かうまく活用できないかとお考えの方がいたら簡単にできる収納ボックスにすることをおすすめしましょう。

    ダンボール箱情報ならこちらをご利用ください。

    作り方はとても簡単で、用意するのもはダンボールの他に粘着テープのみです。

    カッターナイフなどの刃物は使用しないので、幼いお子さんでも簡単に挑戦することができます。
    ダンボールを真横に向けて、四隅に粘着テープを貼ります。こうすることで、重たいものを置いても型崩れをしません。

    ダンボール箱の場合、横からの力に弱い性質があるので、しっかりと型崩れを防ぐことが大事です。



    本棚にしたいのであれば、2つを重ねるといいでしょう。
    60サイズであれば約40冊の本を収納することができます。

    または鉢植えを置くラックにするのもおすすめです。
    ダンボール箱を使用するメリットは、いつでも不要となったら処分が出来る点です。

    一般的に家具を買い揃えると不要となったものを、専門会社に引き取ってもらわないといけません。


    その費用も高いので、コストパフォーマンスに優れているとはいえないものです。



    ところがダンボール箱であれば、不要になったら簡単につぶしてリサイクルに回せるので、とても手軽で安価な処分となるでしょう。誰でも簡単に作れるので、収納スペースが欲しい方にはおすすめできます。