• ダンボール箱の形式と日本における歴史

    ダンボール箱とは、板紙を多層構造によって強靭にした段ボールシートを加工し、箱にした製品を指します。
    ダンボール箱は様々な形式が存在し、場合によっては箱の蓋と底部分、もしくは底等をテープで留めて使用しますが、みかん箱タイプや蓋を差込むタイプ、かぶせ式となる身と蓋をかぶせて梱包するタイプ、糊を使用せず蓋を差込むN式タイプ、やっこ式となるタトウ式タイプ等が開発されました。

    こちらのダンボール箱情報選びに特化したポータルサイトです。

    最も強度が優れているのはミカン箱タイプ、ギフトに使用することができ高級感があるタイプはかぶせ式、出来上がりが美しく再開封性に優れているのはN式タイプとなります。本等の平らで薄いものを包装するのにマッチしているのはやっこ式となりますが、強度が優れている上に、最も製造コストがリーズナブルなタイプはみかん箱タイプであることから、ダンボール箱の中ではみかん箱タイプが使用しやすいといえるでしょう。
    ダンボールに関しては、一般的には3種類構造となっており、ボール紙である表ランナーと裏ランナー、波状の紙である中しんを接着剤で貼合せて製造しますが、材質や厚み等によって強度が異なります。



    日本における段ボール産業は、1909年に産声をあげました。
    綿繰り機を参考にし、オリジナルの機械でボール紙に段をつけた繰りっ放しの製造に成功します。


    初期は包装に使用されていましたが、段ボール箱として製造されるようになり、電球の輸送箱等に使用されるようになり、木箱の代用箱として一般大衆向けに普及し始めました。



  • ダンボール箱が気になる方

    • ダンボール箱は、カットして組み合わせれば、どんな複雑な形状でも大きさでも思い通りです。さらに布やリメイクシート、色紙など様々な素材を張ることができるので、デザインまで自分の思のままに作り替えることができる、万能素材なのです。...

  • ダンボール箱の情報まとめ

    • 商品の梱包などに使われているダンボール箱は、普段使うことがない人の場合はほとんど処分を検討します。一般的な処分方法としては、箱の状態を潰したものをゴミ出しの日に出して自治体に処分してもらう方法です。...

  • ダンボール箱の納得の知識

    • ダンボール箱は今では、輸送用ツールとして欠かすことができないものになりました。ネット通販が普及している昨今では特に、この箱が各家庭でたくさんあることでしょう。...

  • ダンボール箱の情報分析

    • 日常生活にはすぐに使わなくても将来的に必要になる物品はとても多く、その代表が季節によって着替える衣類や本やDVDなどでしょう。これらは完全に不要になってしまえば転売や廃棄すればいいのですが、身近に置いていたいという場合には収納して保存することになります。...